​BLOG

鳥さんのことやトレーニングのこと、個人的な長崎県佐世保での暮らしの

ことなどなどつづっていきます。

特集記事

ペレットを潰す方法

June 11, 2017

ペレット(鳥さんの総合栄養食)について、5月にワークショップを開催いたしましたが、ペレットをすぐに受け入れてくれる鳥さんもいれば、最初は細かくすり潰した状態で導入した方が受け入れてくれやすい場合もあります。

 

この細かくすり潰すという作業が、飼い主さんにとってはひと手間になったりする場合もあり、「鳥さんはすり潰せば食べてくれるんだけどすり潰す時間がない、、、」という理由で、ペレットから遠ざけてしまうのはとてももったいないなと感じています。

 

継続が何よりも大切ですが、飼い主さんにとっても負担になってしまってはいけない!と思いますので、ペレットをすり潰す方法についてご紹介させていただきます。

 

【ペレットをすり潰す/細かく砕く方法】

 

1)電動ミル/手動ミルを利用する:

粒のサイズを調整できるものもあるので、なかなか便利かもしれません。ミルだと、ペレット以外のシード類も細かく粉砕できますので(中には粒が細かすぎると刃が空回りして砕けないタイプのものもあります)あると便利な代物だと思います。

 

2)すりこぎを利用する:

これを利用されている方が多いかなと思っています。

欠点としては、すり潰すのに時間がかかってしまう、すり潰している最中にかけらが飛び散るという声をよく聞きます。中には、お仕事がお休みの日に一週間分をすり潰して保管しているという方もいらっしゃるようです。

 

3)点より面:

すでに実践しているという方もいらっしゃるかもしれませんが、簡単にすり潰す/粉砕できる方法をご紹介させていただきます。

 

この↓ような容器の側面を利用して・・・

 

今回は、ズプリームのナチュラル/オカメを使用。

感覚的に垂直に押し当てるというよりも側面をペレットに押し当てながら少しずつ転がしていく感じです。

 この分量で1分もかからずに以下のように砕くことができます。

 もっと粉状にもできますし、粒の大きさをある程度残したままになど力加減で調整できます。

 

すりこ木を使う場合も、すりこ木棒を横にしてゴリゴリと転がした方が砕きやすいと感じました。

ペレットに接する面が広い方がいいということから、まな板を上から押しあててという方法も過去に試したことがありますが、これも短時間で砕くことができました。ただし、まな板ですと、砕いている過程の様子が観えないので、「細かくし過ぎた!」ということになる場合もあります。

上記のような透明の容器は、砕いたサイズを確認しながら力加減ができるので便利だなと個人的に思っています。

 

ペレットをすり潰す/砕くのはどうしても手間がかかってしまうのですが、短時間でできる方法もあるのでぜひお試しいただけましたら幸いです。

 

そして、最初から粉状になっている「ハリソン」の「マッシュ」というものもありますので、こちらを利用するのも一つのテです。

 

この他にももっといい方法をご存じの方もいらっしゃるかと思いますので、ぜひ情報を共有していただきながら、私にもお教えいただけましたら嬉しいです。

 

以上、お役立ていただけましたら幸いです。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

【翻訳記事2/2】テフロン加工/フッ素樹脂加工製品の危険性について

June 18, 2017

1/3
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ